その道のプロが選んだ愛用品を大公開!『俺の商売道具』 第3回 加賀美健

by Mastered編集部

巷を騒がすクリエイターたちの持ち物って、どんなもの? クリエイターたちの私物を毎月紹介していく、懐かしのあの連載企画が生まれ変わりました!テーマは、"仕事道具"。 様々な分野で活躍するクリエイターが愛用する私物の中から、これぞ!と思う5つの仕事道具を厳選してご紹介していただきます。 第3回目に登場するのは、現代アートの異端児 加賀美健。

_ZIM9605
巷を騒がすクリエイターたちの持ち物って、どんなもの? クリエイターたちの私物を毎月紹介していく、懐かしのあの連載企画が生まれ変わりました!テーマは、”仕事道具”。
様々な分野で活躍するクリエイターが愛用する私物の中から、これぞ!と思う5つの仕事道具を厳選してご紹介していただきます。 第3回目に登場するのは、現代アートの異端児 加賀美健。

現代アーティストとして世界で活躍しながら、デザイナー、そして代官山 ストレンジストア のオーナーを務める彼の作品は、独特の世界観を持つものばかりで、どれもユーモアとセンスが爆発しています。そんな作品たちは、一体どんな仕事道具から生まれているのでしょうか? 期待を裏切らないシュールなラインナップとなりました。

1:マッキー

_ZIM9580
ドローイングの作品を描く時はマッキー。いつもだいたいこれですね。買ったばかりだと細いんですけど、だんだん先が丸くなってくると、ちょうどいい感じに書けるんですよ。塗り潰す時は太い方を使えて結構便利なので、常に2、3本まとめて買ってます。

2:100円ショップのシール

_ZIM9583
ペンと一緒によく買ってますね。100円ショップで30枚入りで売ってるものです。これに手書きでいろんな言葉を書いたシールを趣味で作って友達に配ってたんだけど、欲しいって人があまりにもいるんでお店で売り始めたんですよ。外国人がこういうシールに英語で自分の名前を書いたりするのを見てて、日本語で変な言葉が書いてあったら、面白いかなと思ったのがきっかけです。それで最初につくったのが「実家帰れ」でした。

3:ノート

_ZIM9578
家と店に一冊づつあって、アート作品を作るときのアイディアをここにメモしてます。極秘のアイディアがここに詰まってますね。これもアメリカの100円ショップみたいなお店で3冊セットでした。インクが出ない時は表紙に直接試し書きしたり、思いつくままに何でも書いてます。

4:スケジュール帳

_ZIM9584
スケジュール管理は手帳でやってます。これは[TOGA]のカバーに、昔の『CanCam』の付録のシールを貼ってるんですけど、意外としっくり来てるでしょ?(笑) 中身は無印で買ったものを毎年入れ替えて使ってます。

5:iPhone

_ZIM9586
これがないと仕事にならないですね。インスタグラムもこれで更新してるし、あとはメールを確認したり、アイディアを写真で撮って保存したり。カバーに貼ってあるシールは2つとも友達がつくったものです。

— — それでは最後に、加賀美さんが仕事道具を選ぶ時に、重要視してるポイントってなんでしょう?

見ての通りこだわりは、ないですね(笑) だいたい頭の中に入ってるんですよ。9割が頭の中で、1割ぐらいを書き留めてるって感覚。物への執着が全くなくて、絶対に必要な最低限の物しか持たないんです。

でも、意識してないんだけど、絶対毎回同じものを買うから、なんでも良いようでいて実はそれがこだわりなのかもしれないですね。この先も、そのスタイルは変わらないと思います。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。