【体験レポート】ついに上陸したNew Balanceのシューズカスタムサービス『NB1』。その実力やいかに?

by Yugo Shiokawa

先日ニュースとしてご紹介したとおり、New Balance(ニューバランス)のシューズカスタムサービス『NB1』がついに日本上陸。本日8月31日(木)より、ニューバランス原宿とニューバランス六本木19:06の2店舗で先行スタートしているこのスニーカーマニア垂涎のサービスを、若干スニーカーに対して偏った価値観を持つ私・塩川が体験取材してきました。

大いなる勘違い

ご招待をいただき向かったのは、ローンチを記念した先行体験イベントとして、ニューバランス原宿で昨日8月30日に開催された「NB1 EXPERIENCE DAY」。

わたしだけのニューバランスをつくります。

あとから聞いたところによると、テーマや作成モデルを抽選で決めるなど、メディア取材用にゲーム性のある企画をご用意いただいていたそうなのですが、「理想のニューバランスを作れる!」ということで頭がいっぱいだった私はそういった企画に参加することもなく、スタッフの方からの説明をなぜか「マスタードという媒体名にちなんで、黄色の990v3を作ればいい」という話と思い込み、そのまま制作をスタートしてしまいました。

ベースモデルは思い込みにより、990v3に決定。正直このままでも充分かっこいいんですが、マスタード色に染め上げていきます。

快適な操作性、でもあせらず

さて、シューズのカスタムはというと、店内に設置されたタブレットで進めていきます。
他社の類似サービスを体験したことがあれば不自由なく操作できますが、各パーツのカラーを変更するたび毎回サーバーへリクエストを送っているようで、変更が反映されるまで少々時間がかかる場合がありました。あわてず待ちましょう。

インターフェイスは本国の物を踏襲。選べるカラーや素材も同じです。

事前準備しておくとスマート

ニューバランスのシューズはとにかくパーツの数が多く、それをひとつひとつ細かくカスタマイズできるというのが、この『NB1』の魅力。
店頭でその無限の可能性に面食らわないためにも、日本のオンラインストアで『NB1』が利用可能になる9月末(予定)までは、あらかじめ本国サイトでシミュレーションしておいた方がいいかもしれません。

本国サイトでシミュレーションしてから臨んだものの、そもそも黄色で作るつもりがなかったため、店頭で悩みまくる私。「やっぱりマスタードにはケチャップかな」という安易な発想で、トゥを赤くしてみたりしています。

ヒールには好きなメッセージを入れることができます。自然と編集長への忠誠心がにじみ出てしまっていますが、最終的にメッセージはなにも入れないという仕様に落ち着きました。

アッパーよりもソールのカラーが重要、という持論

この990v3は非常に細かくカラー指定ができてとても楽しいのですが、残念なのがNマークとソールの選択肢の少なさ。
Nマークは樹脂製なのでもうしょうがないですが、ソールが白基調、グレー基調、グレーの斑点が入ったブラックの3種類からしか選べないというのは、「スニーカーの印象はアッパーよりもソールの色で決まる」という持論を持つ私にとっては、少し残念に感じました。
とはいえ、用意されている3色とも、お世辞抜きにとても良いカラーなので、偏執的なこだわりが無い限り満足できる選択肢であることも付け加えておきます。

990v3の場合、ソールユニットごと3種類のなかから選ぶ形。将来、ミッドソールとアウトソールで色を変えらるようになったりすると最高ですよね。

ついに完成

まるで実物のようですが、シミュレーション上のCGです。

一度オールホワイトに戻してみるなどの極端な紆余曲折を経て、完成したのがこちら。
せっかくいろいろなカラーが選べるのに、マスタードカラー、つまり黄色と黒の2色しか使わないという、超保守的タイガースタイル
「自分が履きたいと思えるものを」というのが大きなテーマだったので、ベストカスタマイズ賞狙いもかなぐり捨て、無難なデザインに着地しました。やっぱり、990v3はシンプルなカラーが似合うと思うんですよね。

サイズを選び、届け先や支払い情報を入力したら、オーダーは完了です。

到着は4~7週間後。届いたら読者の方へプレゼント!

オーダーしたシューズは、メイン州とマサチューセッツ州にあるニューバランスの工場で、ひとつひとつ職人さんによって作られます。そう、つまりMade In U.S.A.なのです。
ちなみに今回日本で展開される3モデルとも、すべてMade In U.S.A.。ニューバランスファン、スニーカーマニアにとってはたまらない響きです。
なお、オーダーから到着までは4~7週間ほど。一生懸命作ってくれる職人さんたちに思いを馳せつつ、気長に待ちましょう。

なお今回注文した990v3は、読者プレゼントとなります。
到着後、実物の写真とともに応募要項を発表いたしますので、お楽しみに!

既視感とその正体

作ってはみたものの、ずっと感じていた既視感。
シンプルなカラーリングなので、まぁしょうがないかなぐらいに自分を納得させ、ニューバランス原宿を出ようとしたその時、目に飛び込んできたのは…

ん?

あれ…

ほぼ一緒…!
そう、店頭に並べられていたサンプルと、ほぼ同じ仕様だったのです。
結局ブランド側が用意したサンプルと一緒になってしまうという“カスタムシューズあるある”で、今回のオーダー体験はひとまず幕を閉じたのでした。

7日からは全6店舗に拡大

『NB1』は、本日8月31日よりスタートしているニューバランス原宿とニューバランス六本木19:06に続き、9月7日(木)からは銀座、札幌、大阪、京都藤井大丸の各店でも受付開始。
前述のとおり、9月末にはオンラインストアでも展開される予定です。
少しでも早く手に入れたい人は、この週末原宿か六本木へ急ぐべし。

8月31日スタート
ニューバランス原宿(TEL:03-3402-1906)
ニューバランス六本木19:06(TEL:03-6434-0603)

9月7日スタート
ニューバランス銀座(TEL:03-5148-1940)
ニューバランス札幌(TEL:011-205-0561)
ニューバランス大阪(TEL:06-6578-9040)
ニューバランス藤井大丸(TEL:075-746-7990)

9月末予定
公式オンラインショップ shop new balance
http://shop.newbalance.jp/

【お問い合わせ先】
New Balance Japan
TEL:0120-85-0997
https://www.newbalance.co.jp/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。