自宅が”スタバ”に。『家庭用スターバックス新製品 発表会』に行ってきた

by Nobuyuki Shigetake

好評連載中の編集部員の体験型コンテンツ『編集部員の「いってみよう やってみよう」』ですが、今回の舞台は『家庭用スターバックス新製品 発表会』。
コーヒー業界の2大巨頭のコラボレーションによる、これまでにない全く新しい施策を、五感総動員で味わってまいりました。

Nestleのグローバル圏への参入が決定

よく晴れた3月のとある1日、会場となったのは、原宿駅至近のNescafe。

前知識ゼロで臨んだ僕は、「なぜスタバの新製品なのにNescafe?」などと考えておりました。

会場に足を踏み入れると、すぐに納得。「ドルチェグスト用のコーヒーカプセルか」と。

”いつでも淹れたての味と香り”が楽しめるカフェシステム『ネスカフェ ドルチェグスト』。
用途や淹れ方が異なる7種類のマシーン、20種類以上ものカフェメニューがラインナップされている。

家庭用コーヒーマシーンとして、これまでに述べ300万台以上を出荷している『ネスカフェ ドルチェグスト』は、言わずと知れたNestleの最高傑作。

今や数あるメーカーからリリースされている家庭用カプセル式コーヒーマシーンですが、その先駆者的存在であるNestleが、アメリカでの自社市場の拡大を企て、約72億ドルを支払い(約8,000億円!)STARBUCKS COFFEEのブランドアイテム販売権を購入したことが、この新製品のリリースのきっかけだそうです。

Nestle日本株式会社の深谷さんは以下のように語ります。

「製品の考案から本日の発表に至るまで、とても長い時間を要しました。ようやくこの時が来たか、という気持ちです」

家庭内におけるコーヒー需要というのは、日本社会の変遷に応じて、揺れ動くものだそうです。例えば、家庭規模の縮小や、共働世帯の増大。

「こういった変化に呼応して、コーヒー業界も変わっていかなければなりません」と深谷さんは続けます。

家庭のサイズ、家での過ごし方に合わせて高付加価値なプロダクトを生み出す。アメリカのコーヒー市場への本格参入という一大プロジェクトを成功に収めるため、約8,000億円と高い買い物ながら、STARBUCKS COFFEEの力は、必要不可欠なものでした。

スターバックスの味わいをご自宅でも

新たにリリースされる『ネスカフェ ドルチェグスト』専用カプセルは、おなじみ”スタバ”のブレンドコーヒーに加え、ラテやカプチーノといったホワイトコーヒーを含む全5種類がラインナップされます。いずれも12パック入りで、希望小売価格は税抜き908円。全国の主要スーパーやネスレのオンラインショップで販売されるそうです。

”スターバックスの味わいをご自宅でも”のキーメッセージの通り、自宅で淹れても、お店の味と遜色のないクオリティを楽しむことができるのに、1杯あたりの単価はおよそ75円……安い。

「でも、結構値が張る『ネスカフェ ドルチェグスト』を買わないといけないんでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、『ネスカフェ ドルチェグスト』には、マシン本体を購入せずに使用ができる、月額式のサブスクリプションサービスがあるんだとか。

マシンの種類や付属するコーヒーカプセルのお届け頻度によってまちまちではあるのですが、月額およそ4,000円ほどでネスカフェのコーヒーマシンが利用できるので、普段からよくコーヒーを飲む人は、もしかしたらいつものお店コーヒーより、節約になるかもしれませんよ。

さらに、Nestleは4月より、オフィスや大学、ホテルなどの自宅やお店以外でスタバのコーヒーを提供するサービス”We Proudly Serve Starbucks”をスタートさせるそうです。

午前の柔らかい光とコーヒーの香りに包まれた会場にいたら、なんだかリラックスしてしまいました。

コーヒー業界の2大巨頭がタッグを組んだことで、これからの僕たちのコーヒーとの関わり方も、色々と変わっていきそうです。先述のコーヒーカプセルの販売は4月1日(月)より開始とのことなので、これを機に、お店派から自宅派にシフトしてみては。

【お問い合わせ先】
STARBUCKS Customer Service
TEL:0120-600-564
https://shop.nestle.jp/front/contents/machine/ndg/starbucks_pre/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。