2018年3月の「うますぎる店」 3選(Personal Lists)

by Kentaro Kabaya and Keita Miki

巷に溢れる「リストもの」では一切食指が動かないというワガママな僕らの為のリストを編集部員が、そしてゲストエディターが、自由気ままにパーソナルな視点で作り上げる『Personal Lists』。
今月もBAL(バル)の蒲谷健太郎氏をゲストエディターに召集し、2018年3月の「うますぎる店」 3選をお届け。
日々、様々な飲食店に足を運ぶ蒲谷さんが2018年3月に足を運んだ「うますぎる店」をチョイスしてもらいました。

1. ナジャ

所用で神戸に。足を伸ばして尼崎のワインバーナジャに。自然派ワイン好きな人なら一度は耳にするくらいの(大げさかも)その筋では有名なお店。オーナーでシェフの米沢さんが入れるワインは特別。同じワインでも米沢さんが注ぐと違って感じると評判。一度荒木町のカルチャースナックアーバンで米沢さんがワイン提供するイベントがあって伺ったのだけれど、やはりいつか現地にワインを飲みに行きたいなと思っており念願の訪問。

事前の予約はしておらず、オープン時間まで電話もつながらなかったので直接伺ってみた。食事もすごく美味しいと聞いて楽しみにしていたけど、口開けの時間に合わせてお店に入ってみると、少し困った様子で、団体のお客さんが入っていて、今日は料理が出来ないんですと。うお~残念。出鼻を挫かれる。

気を取り直して、まずは1杯目。最初に白をお願いした。特に好みを伝えることもなく用意してもらったものを一口クイっと飲むとこれが抜群な美味しさ。「こんな白ワインが飲みたかった!」というような口の奥がキュッとなる美味しさ。蜜っぽいミネラル感もあって旨味がじんわいと広がる。ほわ~美味しい~。

料理は出せないとおっしゃっていたけれど、東京から来たことや空腹だということなど軽く話していたら、おつまみを出してくれた。キンカンのサラダ的おつまみ。これがびっくりこの酸味が軽く甘みのあるバルサミコがかかっていてめちゃくちゃ美味しい。

お次は赤を。こちらは薄美味系とリクエスト。ブルゴーニュのピノ・ノワールで軽やかだけどしっかりと果実味もあってこれもまた美味しい。チーズなら用意出来ますとのことで盛り合わせをお願いする。チーズもどれもすばらしく美味しくてピタッと好みにハマった。なんとも良いお店でした。料理も食べにまたリベンジしたいな。

【ナジャ】
兵庫県尼崎市南塚口町8-8-25 グローバル園田学園前 1F
TEL:06-6422-3257
https://tabelog.com/hyogo/A2803/A280304/28000144/

2. 敦煌(トンコウ)

予約が取りにくいとか、そういう文句のつくお店にそんなに執着もないし、インスタなどでそういったハッシュタグを見るとげんなりしますが、ここは半年に一回訪問出来ていることに感謝感謝の曙橋の敦煌です。化学調味料を一切使わない優しい中華料理のお店。料理はお任せコースのみ。「さあ、今日は何が出てくるかな」と楽しみにして来ました。

まずは酢を感じないほどの優しいニシンの酢締め。辛味のない新玉ねぎと一緒に。お次は大根餅。これまた優しい甘み。パリっと肉厚な皮に凝縮感の小ぶりな餡のつまった揚げワンタン。ご主人が、ほいっと出してくれたサービスの浅漬け。漬かり具合が完璧すぎて最高の箸休め。冬限定で作るのに大変に手間がかかるおしゃっていた腸詰。ラッキーなことにいただけた。滋味深いねぇ。

そして、今回の白眉は、サービスで出してくださったイカのゲソ炒め。見た目のシンプルさに相反する美味さ。「わ、うまっ」と思わず声を出してしまった。お礼を伝えると、自分で食べるならこれが一番好きだなと笑っていた。なんともありがたやありがたや。いつも何かしらサービスしてくれるご主人。よく食べよく飲むからかな。

お次はイカ団子と島野菜(名前失念)、野菜の優しい苦味とイカの甘み。シグニチャーの水餃子は可愛らしい一口サイズ。小ぶりなのに旨味十分。皮が抜群に美味しいのよね。牛タンとセロリの辛味炒め。セロリの爽やかな苦味牛タンの歯ごたえが絶妙。意外としっかり辛いのがまた良い。最後の炭水化物はこの日はニラうどん。大量のニラを細かく刻むだけでも大変な苦労だろうなぁ。混ぜて混ぜて。ワイルドな見た目に反して繊細で美味しいんだなこれが。

奥様が手がけるいつも楽しみなデザート。普段デザートはそこまで好んで食べないのだけど、ここのデザートは別格。今日は暖かい胡麻団子をチョイス。程よい甘さでこれまたニコニコにやけてしまう美味しさ。いや~堪能しました。

相変わらず全てに大変な手間と、美味しいものを食べさせようというご夫婦の気遣いが隅々まで行き届いていて、食べ終わると感謝の気持ちでいっぱいに。ご主人と奥様がいつまでも元気でお店を続けてくださるのを祈るばかりです。

【敦煌】
東京都新宿区舟町15 野方ビル 1F
TEL:03-3355-5801
https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13000935/

3.TACOS Shop

吉祥寺に住む友人がインスタにポストしていてずっと気になっていたこちら。タコスと自然派ワインが飲める立ち飲みスタイルのお店。

以前にLAに行った時に、メキシカンスタイルのタコスを持ち帰り、ワイン屋さんで買った自然派のワインでワイワイ家で呑み食いした時に、この組み合わせ最高だし、こんなお店があったらいいよねと盛り上がった。まさにあの時言ってたそれじゃんかと期待が高まる。

先に結果から言うとこれが最高。タコスといってもアメリカで発展したテックスメックスといわれるようなものではなく、本格的なものに近いんだけど、ラムクミンや、アジの唐揚げ、高菜チョリソーなど独自にアレンジされたメニューが並ぶ。

食べてみると不思議と現地感のある組み合わせで、なんとも楽しい。ワインのセレクトも好みの感じでちゃんと選ばれている印象。わー最高じゃんか。一個一個も小さくて(そこがまた現地感)パクパクと食べれて、まるでお寿司感覚とは紹介していた友人が上手いこと言っていた。近所にあったら週一で行きたい。ランチにもいいし、飲んで締めに食べてもいいし、さっとつまんで帰るも、ゆっくりワインを飲みながらワイワイと食べても◎。

「最近良かったお店ある?」と聞かれると、もれなくこちらをおススメしてます。

【TACOS Shop】
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-5
https://www.instagram.com/tacosshopk/?hl=ja

POSTED BY

蒲谷健太郎

1999年創業のbalanceweardesignを経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるBALのデザインを担当。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。