この夏かぶり倒したいロゴものキャップ 5選(Personal Lists)

by Mastered編集部

巷に溢れる「リストもの」では一切食指が動かないというワガママな僕らの為のリストを編集部員が、そしてゲストエディターが、自由気ままにパーソナルな視点で作り上げる『Personal Lists』。
ジメジメした梅雨をあと半月ほど乗り切れば、待っているのは夏本番。強烈な日差しから身を守るため、キャップが手放せないという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな読者のみなさまのため、編集部がこの夏かぶりたい、いや、かぶり倒したい!と思うキャップを、ロゴものに限定してピックアップしました。
ロゴブームを牽引するあのブランドや、誰もが目にしたことのある定番モデルなど、ぜひともチェックしておきたいロゴものキャップを、広大なインターネットの海の中から拾い上げてみました。

1. Balenciaga(バレンシアガ)のCasquette

250€

VETEMENTS(ヴェトモン)のデザイナー、Demna Gvasaliaがアーティスティック・ディレクターに就任して以来、常に注目の的となっているBalenciaga。そんな一流メゾンが提案するこちらのキャップは、6パネルのベーシックなデザインに映える、トレンド感のあるロゴが◎。奇抜過ぎないバランスが、普段使いにもってこいです。

now available at colette

2. GUCCI(グッチ)のベースボールハット

41,040円(税込)

ロゴものキャップは子どもっぽくて、何だか被りづらい。そんな方にオススメなのが、モノトーンのカラーリングが上品なGUCCIのベースボールハット。ロゴ部分は取り外し可能なヘアバンド仕様になっているため、気分によってロゴを取り外す、なんてことも出来ちゃいます。

now available at GUCCI ONLINE SHOP

3. NOAH(ノア)のMESH RUNNING CAP

$48

見るからに風通しの良さそうなNOAHのメッシュキャップは、ほっこり感のあるフェルトロゴが愛くるしいデザイン。最近やけに見かけることの多いメッシュキャップですが、Mastered的にはこれくらい意外性のあるものを選びたいところ。真夏の炎天下でもムレることがないため、海やフェスで活躍すること請け合いです。

now available at NOAH

4. PACCBET(ラスベート)のDenim Cap

8,100円(税込)

Gosha Rubchinskiyが手がけるスケートレーベルPACCBETからは、デニム素材を使用したキャップにズーム・イン。アイスブルーにホワイトロゴをあしらった爽やかなカラーリングが、うだるような暑さの中でも気分をアゲてくれます。

now available at DSMG E-SHOP

5. ’47(フォーティセブン)のYankees Base Runner ’47 『CLEAN UP』

3,780円(税込)

ロゴものキャップと言えば、’47のシグネチャーモデル『CLEAN UP』も外せません。浅めのクラウンとカーブしたブリムが特徴的な同モデル。この夏かぶるなら、定番のYankeesモデルをシックなグリーンで仕上げた、こんなタイプがオススメです。

now available at ’47 OFFICIAL ONLINE STORE

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。