一家に一台! な名作バックパック5選(Personal Lists)

by Mastered編集部

ショルダーバッグ、トートバッグ、クラッチバッグetc………、バッグは色々あるけれど、なんだかんだやっぱり一番使うのはバックパック。ということで今回のPersonal Listsでは、「一家に一台!」と思わずキャッチコピーをつけたくなるような名作バックパックをご紹介。

unnamed
巷に溢れる「リストもの」では一切食指が動かないというワガママな僕らの為のリストを編集部員が、そしてゲストエディターが、自由気ままにパーソナルな視点で作り上げる『Personal Lists』。

ショルダーバッグ、トートバッグ、クラッチバッグetc………、バッグは色々あるけれど、なんだかんだやっぱり一番使うのはバックパック。ということで今回のPersonal Listsでは、「一家に一台!」と思わずキャッチコピーをつけたくなるような名作バックパックをご紹介。

ファッションを愛する者ならば1つは持っておきたい、一度は手に入れたい、そんなバックパックたちを広大なインターネットの海の中から拾い上げてみました。

1.[PRADA(プラダ)]のV136

193,320円

193,320円(税込)

有史以来、最もパクられ、ネタ元にされ、そして愛されているバックパック。それが[PRADA]の大定番、V136であります。素材はご存じ、イタリアのリモンタ社のナイロン。リモンタの名前がファッション好きの間でここまで浸透したのも、[PRADA]のV136あってのことでしょう。人気商品の為、PRADA E-STOREでは現在完売となっていますが、店舗には定期的に入荷があるようなので、今すぐ欲しい方は諦めずにレッツトライ。ド定番はブラックですが、近年はカモ柄なども登場しているので、人との被りが気になる方はシーズン毎に要チェックです。

2.[visvim(ビズビム)]のBallistic 20L Backpack

$639

$639

[visvim]が定番的に展開しているバリスティックナイロンを使ったバックパック。こちらの20Lのほか、一回り大きい22Lのタイプもあります。かゆい所に手が届く機能的な作り、ビジュアル面、カラーバリエーションの豊富さ、ちょっと高いけど手の届く価格帯と、とにかくバランスの良いバックパック。ただ、こちらも人気商品の為、visvimのオンラインストアではすぐに完売となってしまう傾向があり。欲しい方は近くの取扱店に足を運んでみるのが良いでしょう。

now available at END.

3.[PORTER(ポーター)]のTANKER DAY PACK

17,500円 + 税

17,500円 + 税

先日の80周年記念イベントも大盛況のうちに幕を閉じた吉田カバンの[PORTER]ブランドを象徴する名作シリーズ『TANKER』。もしも『国民的バッグ総選挙』が開催されたら、まず間違いなく1位になるであろう知名度と安定感を誇るシリーズです。1983年の発表時はダッフルバッグやショルダーバッグが中心の展開だったそうですが、現在はDAY PACKも展開。カラーもオリジナルのセージグリーンのほか、ブラック、シルバーグレーがあり、別注アイテムなども含めれば、意外とモロ被りは少なめ。オンライン通販は対象外となっているので、気になる方はお問い合わせを。

4.[master-piece(マスターピース)]のPOTENTIAL

47,000円 + 税

47,000円 + 税

以前にニュースとしても紹介しましたが、[master-piece]の数あるラインナップの中でも一際高い人気を誇るのがこの『POTENTIAL』というシリーズ。こちらは2015年秋冬シーズンの限定展開となる”SOLID ver.”であります。シリーズ累計40,000個を売り上げた人気の秘密は、抜群の使い勝手の良さ。バックパックだとこちらのタイプの方を良く街で見かけますが、今回はあえて2wayで使える画像のモデルをオススメ。こちらも通販は対象外なので、オフィシャルサイトを参照のこと。

5.[Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)]のパルス

371,520円

371,520円(税込)

[Louis Vuitton]が新たにローンチした『V Line』のバックパック、パルス。現代の都市生活を送る人々に向けて[Louis Vuitton]が放つ逸品は、撥水加工が施されたカーフレザーを素材とし、多くのポケットやコンパートメントを装備。もちろん高い。そりゃあ高いけど、このAlex Olsonの動画を見たら、ボーナスをこれの為に全て使っても良いとさえ思えてくる。なかなかに罪な名作です。

now available at Louis Vuitton.com

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。