人生を豊かにするOrientの新作ウォッチ 第1回:奈良裕也

by Seiya Kato

1950年のブランド誕生以来、70年以上に渡り愛され続けてきた日本のウォッチブランド『Orient』。
誕生当時から脈々と受け継がれるスピリットが落とし込まれた多種多様なプロダクトは、それぞれの時代の、それぞれのライフスタイルにすんなりと馴染み、身に付けるだけで気分を高めてくれる気の利いた存在として人気を集めている。
本企画では、Orientの最新コレクションを、様々なスタイルアイコンに着用してもらい、インタビューとともにその魅力をご紹介。
初回となる今回は、ダイバーズウォッチとフィールドウォッチのアイコンを融合させた『Orient Mako』と、SHIMA HARAJUKUのアートディレクター/ヘアメイクアップアーティストの奈良裕也が登場。
※本特集内に掲載されている商品価格は、全て税抜価格となります。

Photo:Shuhei Nomachi

— 『Orient Mako』の第一印象を教えて下さい。

奈良裕也(以下、奈良):どこか懐かしさを感じるクラッシックな雰囲気と、豊富なカラーバリエーションが素敵だなと思いました。どれも現代にフィットする洗練されたデザインに仕上がっていて、初めてリリースされてから現在に至る十数年もの間、多くの人々に愛され続けているというのも良い商品の証ですよね。ブランドが掲げている”気軽に安心して楽しめる時計”というのも、機能性と値段を聞いて改めて納得させられました。

— 『Orient Mako』の時計を実際につけてみての感想を教えて下さい。

奈良:仕事柄、あまり腕時計を身に付けないのですが、見た目の重厚感からは想像できないほどの軽さで驚きました。大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズ感も使いやすくて良いですよね。そして何より、値段以上の高級感があるので、主張しすぎないけどしっかりと存在感を放ってくれるところも魅力的だなと。

— 『Orient Mako』をどのようなシーンで、どのようなファッションで身につけたいですか。

奈良:まず大前提として、シーンを選ばず着用できるのが一番の魅力だと感じました。ファッションシーンでは肩の力が抜けたラフなスタイルに合わせるのが今の気分だし、スーツでビシッと決めたいときなんかにもぴったりかなと。もちろん日常の仕事でも大いに活躍してくれそうですよね。公私に渡ってコーディネートのちょっとしたポイントとして一役買ってくれるので、非常に重宝する逸品です。

Orient Mako

各44,000円

世界中で愛され続けているロングセラーアイテム『Orient Mako』。

精巧な作りながら高い防水性が実現されており、働き方の多様性によって大きく変化したビジネススタイルにも寄り添ってくれる、オーセンティックなデザインが最大の特徴となっている。

オンラインストア限定モデルとなる鮮やかなターコイズブルーや美しい夕焼けを彷彿させるマンダリンオレンジを含む豊富なカラーやバリエーションが用意されているので、ホリデーシーズンのギフトとしてもおすすめ。

【お問い合わせ先】
Orient Customer Service
TEL:042-847-3380
https://store.orient-watch.com/pages/mako