気になる「無地Tシャツ」を片っ端から徹底比較。『無地T MANIACS』 #8:[CAMBER]706

by Mastered編集部

今週の『無地T MANIACS』は、今も尚自社工場にて生産しUSメイドにこだわる[CAMBER(キャンバー)]から、モックネックのロンT『706』が登場です。

写真
今週の『無地T MANIACS』は、今も尚自社工場にて生産しUSメイドにこだわる[CAMBER(キャンバー)]から、モックネックのロンT『706』が登場です。

[CAMBER]706

IMG_9674

半袖で外に出られる季節はとうに過ぎ去りましたが、『無地T MANIACS』はまだまだ続きます。

今回もロンTです。皆さんモックネックって知ってますか?感度の高いEYESCREAM.JP読者の皆さんならもちろんご存知かと思いますが、簡単に説明すると、モック(mock)とは、見せかけ、まがいもののという意味で、正確にはモックネックタートルと言い、タートルネックもどきみたいなニュアンスだそうです。

メンズレディースともに、以前から徐々に増えてきましたが、雑誌を見てても街でも、スタイリングに取り入れてる人をよく見るようになった気がします。確かに万能です。上からジャケットを着るも良し、クルーネックのニットとレイヤードしても、上からネックレスをしてもなかなか良い感じになります。

もちろん一枚で着るも良し。生地は6オンスヘビーウェイトの100%コットンで、伸縮性があって優しい肌触り。着心地と雰囲気は、やはりみんな大好き[CAMBER]さんなので安定感がありますね。基本オーバーサイズが好きなんでLを選んでますが、今回はMです。けっこう袖余るのでMでちょうどいいですね。

IMG_9691

前回は、袖のリブが嫌いだみたいなことを言いましたが、こういうモックネックに関しては袖のリブもちょうど良く感じるんですよね。少し漂うナード感というか牧師感というか。

ここまで褒めてばかりですが、今までのTシャツと大きく違うところがあります。それは価格です。高いと感じるか安いと感じるかというのは、もはや個人の感覚の問題ですが、現に今まで紹介した中で一番高額です。それでも、コラボものだったりデザイナーズブランドから出てる無地Tであったりすればもっと高いものはいくらでもありますが。

個人的には、少し高いだけあっていい物だなっていう印象です。

それでは今回の採点です。(※完全に個人的な見解によるものです。

モックネックというオリジナリティと、トレンド感を考慮し

今が旬!度

85点

あまりにも流行りすぎると、だんだん着る気にならないですからね。
今のうちですよという意味を込めての高めの点数でした。

【SPEC】
サイズ:M(身長180cm)
着丈:70cm
身幅:54cm
袖丈:67cm

5,900円 + 税

本企画では、無地のTシャツをご提供して頂けるブランドさんを募集中。
ロンT、ポケT、パックT、Vネック、カラバリ…などなど、無地のTシャツであれば、喜んでご紹介させていただきますので、ご連絡お待ちしております。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。