気になる「無地Tシャツ」を片っ端から徹底比較。『無地T MANIACS』 #67:EASTFAREASTの『MODEL008』

by Nobuyuki Shigetake

季節は変われど、年間を通して身に着けている僕らのスタンダードアイテム、無地Tシャツ。
この『無地T MANIACS』では”編集部が気になるブランドの無地Tを片っ端から徹底比較。マイスタンダードとなる究極の1枚を求めて大奔走!”というコンセプトのもと、マニアックさに磨きをかけて各社の無地Tシャツを比較していきます。
67回目となる今回は、EASTFAREAST(イーストファーイースト)の『MODEL008』をピックアップ。

#67:EASTFAREASTの『MODEL008』

今回は、東東京の縫製工場で人知れず糸や生地からオリジナルで仕立てられるカットソーブランド・EASTFAREASTの『MODEL008』をご紹介。

基本情報
ブランド:EASTFAREAST
アイテム名:MODEL008
素材:コットン100%
サイズ:0〜4
カラー展開:White、Ajisai、El Nido、Cider、Black
価格:6,490円(税込)

10年着られる無地Tシャツ

アパレルとは全く無縁の建築学をバックグラウンドに持つデザイナーにより、2018年にひっそりと個人プロジェクトとして立ち上げられたEASTFAREAST。10年着られるカットソーを目指し、すべての製品は糸から独自に紡績して編み立てた特注生地を用い、モノとしての普遍性を追求しています。

■レコメンドポイント

そんな、全ての製品が定番アイテムとも言える同ブランドですが、ディテールやシルエットには、どことない今っぽさが絶妙に取り入れられています。この『MODEL008』は、オリジナルの8.0オンスコットン生地を用いており、ヴィンテージライクでドライな手触りやタフさはそのままに、8.0ozとは思えないしなやかさを両立。

誕生初期から採用されている3cm幅の極太バインダーネックや前屈時のストレスを軽減する裾のスリットも、デザインのポイントとなっています。

ディテール&シルエットチェック

4サイズで、着丈81cm、身幅63cm。かなりビッグサイズです。

サイド。

バック。

実際に着用してみた感想

4サイズを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「かなりベーシックな印象ですが、袖や裾のステッチが他のTシャツと違いますね。アタリが少ない感じがします。サイズもデカくていい感じです。カラーTシャツも絶妙な色合いで好みですね」

生地感

洗濯後、概ね4~5%ほど縦に縮みます。

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト■■■■□ ヘビー
8.0オンスですが、ドライタッチで大袈裟な重さは感じません。

シルエット:タイト ■■■■□ ゆったり
全体的に大きめ。丈が長いですが、洗濯後に縮みます。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■□□□ ラグジュアリー
複数枚買いしたくなるコストパフォーマンス。

レア度:ポピュラー ■■□□□ レア
全国に取扱店があります。

【お問い合わせ先】
EASTFAREAST
info@eastfareast.tokyo

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。