気になる「無地Tシャツ」を片っ端から徹底比較。『無地T MANIACS』 #63:Convenience Wearの『Outer T-Shirt』

by Nobuyuki Shigetake

季節は変われど、年間を通して身に着けている僕らのスタンダードアイテム、無地Tシャツ。
この『無地T MANIACS』では”編集部が気になるブランドの無地Tを片っ端から徹底比較。マイスタンダードとなる究極の1枚を求めて大奔走!”というコンセプトのもと、マニアックさに磨きをかけて各社の無地Tシャツを比較していきます。
63回目となる今回は、ファミリーマートとFACETASM(ファセッタズム)のデザイナーである落合宏理によるブランド・Convenience Wear(コンビニエンス ウェア)の『Outer T-Shirt』をピックアップ。

#63:Convenience Wearの『Outer T-Shirt』

今回は、落合宏理がファミリーマートと作った、Convenience Wearの『Outer T-Shirt』をご紹介。

基本情報
ブランド:Convenience Wear
アイテム名:Outer T-Shirt
素材:オーガニックコットン100%
サイズ:S~XL
カラー展開:しろ、くろ
参考定価: 990円 + 税

コンビニ服に革命をもたらす1枚

コンビニ衣料品でありながら「いい素材、いい技術、いいデザイン」をコンセプトに掲げ、低価格でどこでも買えるというコンビニの利便性を活かしつつ、暮らしを支える衣料品づくりを目指すという、Convenience Wear。

■レコメンドポイント

ファッションデザイナーの落合宏理を起用した高いデザイン性、環境へ配慮した素材選びなど、従来の”コンビニ服”にはないこだわりが詰められている同ブランドですが、その魅力はやはり、あれこれ考えずに買い物カゴに入れられる価格設定とその価格に対してのクオリティの高さ。

正直、間に合わせでしか買ってこなかったコンビニの衣料品ですが、「これなら普段から着られるかも」と充分に思わせてくれる、まさに革命的な仕上がりです。

ディテール&シルエットチェック

XLサイズで肩幅50cm、袖丈25cm、身幅61cm、着丈72cm、裾幅62cm。(※編集部採寸のため、誤差あり。)

サイド。

バック。

実際に着用してみた感想

XLサイズを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「コンビニの服ってそれこそ使い捨てくらいの感覚で買うことはありましたが、これなら長く着られそう。サイズも大きめでいい感じです。欲を言えば、2XLまで作ってほしいですね」

生地感

着心地の良い、オーガニックコットンを使用。

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト■■■□□ ヘビー
ちょうど中間くらい。

シルエット:タイト ■■■■□ ゆったり
コンビニのものとしてはだいぶ大きめかと。

コストパフォーマンス:お値打ち ■□□□□ ラグジュアリー
安い。

レア度:ポピュラー ■□□□□ レア
全国のファミリーマートにて購入可能。靴下やタオルもかわいいです。

【お問い合わせ先】
FAMIRY MART
https://www.family.co.jp/campaign/spot/cw.html

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。