気になる「無地Tシャツ」を片っ端から徹底比較。『無地T MANIACS』 #60:BRINGの『DRY Long Sleeve T-Shirt』

by Nobuyuki Shigetake

季節は変われど、年間を通して身に着けている僕らのスタンダードアイテム、無地Tシャツ。
この『無地T MANIACS』では”編集部が気になるブランドの無地Tを片っ端から徹底比較。マイスタンダードとなる究極の1枚を求めて大奔走!”というコンセプトのもと、マニアックさに磨きをかけて各社の無地Tシャツを比較していきます。
60回目となる今回は、BRING(ブリング)の『DRY Long Sleeve T-Shirt』をピックアップ。

#60:BRINGの『DRY Long Sleeve T-Shirt』

今回は、2020年に本格始動したBRINGの『DRY Long Sleeve T-Shirt』をご紹介。

基本情報
ブランド:BRING
アイテム名:DRY Long Sleeve T-Shirt
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS〜XXXL
カラー展開:ホワイト、ブラック、ネイビー、ヘザーグレー、カーキ
参考定価:5,300円 + 税

服から服を作る、サーキュラーエコノミー

はじめて知る人も多いであろう、同ブランドでは昨今、声高に叫ばれているサスティナビリティに配慮しつつも、”本当に欲しくなる服”の製作を実施。古着を回収し化学分解した再生原料を使ってつくられる、資源を循環させることで、服から服をつくる”サーキュラー・エコノミー”を提唱し、ファッション業界で高い注目を集めています。

■レコメンドポイント

サスティナブルな再生ポリエステル”BRING Material”を素材に使用。高い吸水速乾性能がありながらもまるでコットンのような質感、肌ざわりを持っており、高い機能性と普遍的なデザインはアウトドアにも、日常使いにも最適。

ディテール & シルエットチェック

XXXLサイズで着丈79.0cm、身幅65.0cm、肩幅56.0cm。袖丈65.5cm。

サイド。やや裾がラウンドしています。

バック。

実際に着用してみた感想

XXXLサイズを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「これでポリエステル100%なのは驚きですね。コットンライクというか、ポリエステルっぽい感じではないです。着心地も良い。ただ、腕が少し細めの作りになっているので、そこは好みが分かれるかもしれませんね」

洗濯後の変化

一度の洗濯では変化なし。

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト■■□□□ ヘビー
ふんわりとしたライトな質感。

シルエット:タイト ■■■□□ ゆったり
袖が細めなので、インナーで着ても、もたつかず◎。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■□□□ ラグジュアリー
妥当かと。

レア度:ポピュラー ■■■□□ レア
BRINGのオンラインストアにて購入可能です。

【お問い合わせ先】
BRING
https://bring.org/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。