気になる「無地Tシャツ」を片っ端から徹底比較。『無地T MANIACS』 #52:DESCENTE PAUSEの『ZEROSEAM BIG T-SHIRT』

by Nobuyuki Shigetake

季節は変われど、年間を通して身に着けている僕らのスタンダードアイテム、無地Tシャツ。
この『無地T MANIACS』では”編集部が気になるブランドの無地Tを片っ端から徹底比較。マイスタンダードとなる究極の1枚を求めて大奔走!”というコンセプトのもと、マニアックさに磨きをかけて各社の無地Tシャツを比較していきます。
52回目となる今回は、DESCENTE PAUSE(デサント ポーズ)の『ZEROSEAM BIG T-SHIRT』をピックアップ。

#52:DESCENTE PAUSEの『ZEROSEAM BIG T-SHIRT』

今回は、DESCENTE PAUSEより、これからの時期に欠かせない快適な着心地の無地Tシャツをご紹介。

基本情報
ブランド:DESCENTE PAUSE
アイテム名:ZEROSEAM BIG T-SHIRT
素材:ポリエステル100%
サイズ:S、M、L、O(XL)
カラー展開:杢グレー、ネイビー、カーキ、オフホワイト
価格:6,600円(税込)

スポーツウェアさながらの機能を搭載したハイテク無地Tシャツ

DESCENTE(デサント)がトップアスリートの為に開発してきた技術やハイスペックな素材を、日常に落とし込み日々の生活をより快適にするユーティリティーウェアとして誕生したDESCENTE PAUSE。

休止する、一息つく、ちょっと休む。音楽記号の小休止を意味する”PAUSE”の名の通り、”全速力ではなく、休憩するように生活を楽しむ”をコンセプトに掲げ、DESCENTEのものづくりのエッセンスを凝縮し、洗練したデザインのアイテムを展開しています。

■レコメンドポイント

縫製は衿ぐりのみとし、その他の縫製を要する箇所には、熱圧着の共生地テープを使用。これによって、縫い目の肌あたりを軽減した快適な着心地になっています。

また、生地の表にはポリエステルスパン糸を使うことで綿のようなソフトなタッチを実現。そして、生地の肌側はポリエステルのフィラメント糸でハニカム構造に編むことによって、メッシュの空洞部分から汗を吸い上げる、スポーツウェアさながらの吸水速乾機能を備え持っています。

ディテール & シルエットチェック

Oサイズで、身幅59cm、肩幅56cm、着丈73cm、そで丈27.5cm。

そで丈がやや長めです。

肘まで隠れます。

裾にはブランドロゴが型押しで入ります。

実際に着用してみた感想

Oサイズを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「着てみてびっくりしました。着心地、最高ですね。肌側のメッシュがさらさらしていて気持ちいいです。これで6,600円は安いなー。洗濯を繰り返して、ここの熱圧着部分がどうなるかだけ、気になります」

洗濯後の変化

一度の洗濯では特に変化なし。すぐに乾きます。

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト■□□□□ ヘビー
かなりライトめ。

シルエット:タイト ■■■■□ ゆったり
”BIG T-SHIRT”の名に恥じないビッグシルエット。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■■□□ ラグジュアリー
まあまあお手頃かと。

レア度:ポピュラー ■■□□□ レア
全国のDESCENTE BLANCおよび、DESCENTEのウェブストアにて購入可能。

【お問い合わせ先】
DESCENTE BLANC DAIKANYAMA
東京都渋谷区猿楽町19-4 CUBE代官山 C棟
TEL:03-6416-5989
https://descentepause.com

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。