気になる「無地Tシャツ」を片っ端から徹底比較。『無地T MANIACS』 #50:SANSE SANSEの『Collection』

by Nobuyuki Shigetake

季節は変われど、通年を通して身に着けている僕らのスタンダードアイテム、無地Tシャツ。
この『無地T MANIACS』では”編集部が気になるブランドの無地Tを片っ端から徹底比較。マイスタンダードとなる究極の1枚を求めて大奔走!”というコンセプトのもと、マニアックさに磨きをかけて各社の無地Tシャツを比較していきます。
50回目となる今回は、SANSE SANSE(サンセサンセ)の『Collection』をピックアップ。

#50:SANSE SANSEの『Collection』

今回は、Masteredとも親交の深い、スタイリストの梶雄太さんがディレクションを手掛けるSANSE SANSEの無地Tシャツをピックアップします。

基本情報
ブランド:SANSE SANSE
アイテム名:Collection
素材:コットン100%
サイズ:S、M、L
カラー展開:ホワイト、ブラック、ブルー
価格:7,150円(税込)

「それどこの?」と聞かれるようなTシャツ

期待していなかった洋服の良さ。手に入れてから気が付くような洋服の雰囲気。物の良し悪しだけに捉われない価値観に基軸を置いたコレクションを展開するSANSE SANSE。2020年春夏シーズンにデビューを飾った同ブランドの定番Tシャツである『Collection』は、ブランドの哲学が詰め込まれた、普通なんだけど、お洒落で、格好良く、ほんの少しだけ他と違った仕上がりです。

■レコメンドポイント

コットン100%のオリジナルボディは、やや肩幅を広めにとった、野暮ったさの感じないスッキリとしたシルエットが特徴的。また、開いた首元や細めのネックリブも上品な印象を与えてくれます。”気に入ったらそんなに悩むことなく何枚か買えて、それでいて着ていたら「それどこの?」と聞かれるような、そんな服があればとおもっている。”というステートメントからも分かるように、突飛なデザインこそありませんが、生活に馴染む価格設定や末永く愛せる普遍性が魅力的な1着となっています。

ディテール & シルエットチェック

Lサイズで、肩幅49cm、袖丈18.5cm、着丈69cm、胸囲107cm。

サイド。

バック。

実際に着用してみた感想

Lサイズを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「自然体で着られますね。新品だけど古着のような感じ。エイジング加工が施されている訳では無いのですが、常にワードローブにあって、気負わずに着られそう。SANSE SANSEは無地のTシャツはもちろん、プリントTもセンス良しなので、夏に向けて手に入れておきたいです」

洗濯後の変化

縮んだり色が落ちたり、際立った変化はなし。

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト■■■□□ ヘビー
ライトとヘビーの中間。

シルエット:タイト ■■□□□ ゆったり
ややコンパクトめ。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■□□□ ラグジュアリー
程々な価格帯。

レア度:ポピュラー ■■■□□ レア
都内ならCIBONEなどで購入が可能です。

【お問い合わせ先】
S&T Showroom
https://www.sandt-showroom.com

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。