気になる「無地Tシャツ」を片っ端から徹底比較。『無地T MANIACS』 #36:JUHAのOVERSIZED DOUBLE BINDER TEE

by Nobuyuki Shigetake

季節は変われど、通年を通して身に着けている僕らのスタンダードアイテム、無地Tシャツ。
この『無地T MANIACS』では”編集部が気になるブランドの無地Tを片っ端から徹底比較。マイスタンダードとなる究極の1枚を求めて大奔走!”というコンセプトのもと、マニアックさに磨きをかけて各社の無地Tシャツを比較していきます。
36回目となる今回は、JUHA(ユハ)のOVERSIZED DOUBLE BINDER TEEをピックアップ。

#36:JUHAのOVERSIZED DOUBLE BINDER TEE

2015年春夏シーズンにデビューを果たしたJUHAは、特定のシーズンテーマを設けずに、”リラックス”というブランドコンセプトのもと、ハイセンスかつハイクオリティなモノづくりを一貫して行う日本のブランド。ミニマルかつ美しく合理的なディテールで表現する強くも繊細な男性像は、新鋭ブランドながら早くも独自の世界観を確立していると言えます。ミリタリーウェアをベースにした、Yves Klein(イヴ・クライン)へのオマージュを感じさせる美しいブルーがキーカラーとなった2019年春夏コレクションも高い評価を獲得しています。

基本情報
ブランド:JUHA
アイテム名:OVERSIZED DOUBLE BINDER TEE
素材:コットン100%
サイズ:1、2
カラー展開:WHITE、OLIVE、BLACK
価格:10,000円 + 税

1枚あると重宝する”クセあり”Tシャツ

そんなJUHAですが、継続的にリリースされている無地Tシャツにも見逃せないディテールが多数あります。今回は『OVERSIZED DOUBLE BINDER TEE』について、じっくり紐解いていきたいと思います。

■レコメンドポイント

ドロップショルダーのハーフスリーブ風のカットソーは、実は広めの身幅で表現したドルマンスリーブ仕上げ。着用時にふんわりとしたニュアンスを加えてくれます。太めに設定されたダブルバインダーネックは、アクセントになるだけでなく、エイジングによるヨレも防止。サイドには浅めのスリットが入っているため、ポケットにもアクセスフリー。

採寸チェック

今回は、ドロップショルダー仕様のアイテムなので、肩幅、アームホール、袖丈は記載していません。

ディテール & シルエットチェック

緩やかなシルエットながら、着丈はやや短め。

太めのネックリブがポイントに。

リラックス感を演出してくれるドロップショルダー。

ドルマンスリーブ風だけど、わき下はすっきりとした印象。

浅めのスリットはレイヤリングにも最適。

実際に着用してみた感想

2サイズを着用した編集M(身長:180cm、体重:70kg)

フェスやキャンプと早くも初夏を満喫しているが一向に日焼けをしない編集M

「JUHAのTシャツ、良いですよね。生地はしっかりしていますが、ヘビーオンス特有のごわっとした感じはなく、ソフトめな着心地です。これだけでも様になるので、1枚持っててもいいかも。オリーブカラーも良い感じですね」

洗濯後の変化

生地に加工がしてあるので、一度の洗濯では特に生地感やサイズの変化はなし。

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト■■■■□ ヘビー
ヘビーだけど、ソフトで快適な着心地。

シルエット:タイト ■■■■■ ゆったり
ブランドのコンセプトを表現しているリラックスしたシルエットです。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■■■□ ラグジュアリー
安くはないですが、クオリティを考えると妥当なところ。

レア度:ポピュラー ■■■□□ レア
東京では代官山のOなどで取り扱いがあるようです。売り切れ続出しているようなので、お早めに!

【お問い合わせ先】
JUHA
TEL:03-6659-9915
http://juha-tokyo.com

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。