定番パンツを徹底解剖。『マスタードのパンツ辞典』 #49:WEWILLの『ORLANDO』

by Seiya Kato

デニムにチノパン、スラックス。ファッションブランドが毎シーズンのようにリリースする”定番”と呼ばれるパンツたちは、そのブランドを映し出す鏡だ。
1本の定番パンツを実直にリリースし続けるブランドもあれば、定番パンツをベースに異なる素材やシルエットで多彩なバリエーションのパンツを創り出すブランドもある。そう思うと定番パンツというのは案外、シーズンテーマの設けられた最新コレクションよりも雄弁に、ブランドのスタンスや現在地を物語っているのかもしれない。
Masteredの大人気企画『無地T MANIACS』の派生型として誕生した本企画『マスタードのパンツ辞典』では、移りゆくトレンドに左右されることなく、ブランドがリリースし続けている”定番パンツ”を、編集部員が実際に着用しながら、毎回1本ずつ、じっくりと紹介。
第49回では、WEWILL(ウィーウィル)の『ORLANDO』をピックアップします。

WEWILLの『ORLANDO』

長年に渡る服作りで経験を積んだデザイナー・福薗英貴が手掛けるWEWILL。”静かに、惹きつける服”をコンセプトに掲げ、厳選された素材と熟練の技術を持つ縫製職人たちによって精巧に仕立てられたアイテムは、各方面から高い人気を獲得しています。今回は、そんな同ブランドから『ORLANDO』をピックアップ。

基本情報
ブランド:WEWILL
アイテム名:ORLANDO
素材:綿100%
サイズ:0、1、2、3
カラー展開:ライトカーキ、ダークネイビー
価格:32,000円 + 税

様々なスタイルにフィットする凡用性の高さが魅力の1本

コットンシャンブレーギャバジンを使用した『ORLANDO』。ワイドながらウエストに施されたツータックで上品な印象をプラスし、斜めに張り出したフライ、膝裏など、随所に散りばめられたこだわりのディティールは要注目です。

■レコメンドポイント

素材には、美しい光沢と高級感のある表情が魅力のコットンシャンブレーを採用。生機の段階で洗いをかけ、ややヴィンテージライクな独特の風合いを持たせているのも大きなポイントです。

ディテール&シルエットチェック

ウエストのツータック、斜めに張り出したフライが特徴的。

カジュアルな印象ながら、滑らかな穿き心地を実現する膝裏を採用。

天然素材のボタンでは最高級品と言われる水牛ボタンを使用。細部にまでが詰まっています。

サイズ3で、ウエスト78cm、ヒップ110cm、股上33cm、股下73cm、裾幅22cm。

サイド。

バック。

実際に着用してみた感想

サイズ3を着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「チノパンというスタンダードなアイテムなので、幅広いスタイリングに合わせられるのが嬉しいですね。ワイドながらも上品さがあり、考え抜かれたこだわりのディティールも好印象です」

総評:星3★★★☆☆

着心地:ライト ■■■□□ ヘビー
腰回り、太腿周りはかなりゆったりで穿き心地◎。

シルエット:スリム ■■■■□ ルーズ
ウエストのツータックから提供される美しいワイドテーパードシルエット。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■■□□ ラグジュアリー
1本持っておくとスタイリングにグッと幅が出ます。

【お問い合わせ先】
WEWILL
http://www.wewill.tokyo/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。