定番パンツを徹底解剖。『マスタードのパンツ辞典』 #31:SON OF THE CHEESEの『MJK PANTS』

by Seiya Kato

デニムにチノパン、スラックス。ファッションブランドが毎シーズンのようにリリースする”定番”と呼ばれるパンツたちは、そのブランドを映し出す鏡だ。
1本の定番パンツを実直にリリースし続けるブランドもあれば、定番パンツをベースに異なる素材やシルエットで多彩なバリエーションのパンツを創り出すブランドもある。そう思うと定番パンツというのは案外、シーズンテーマの設けられた最新コレクションよりも雄弁に、ブランドのスタンスや現在地を物語っているのかもしれない。
Masteredの大人気企画『無地T MANIACS』の派生型として誕生した本企画『マスタードのパンツ辞典』では、移りゆくトレンドに左右されることなく、ブランドがリリースし続けている”定番パンツ”を、編集部員が実際に着用しながら、毎回1本ずつ、じっくりと紹介。
第31回では、SON OF THE CHEESE(サノバチーズ)の『MJK PANTS』をピックアップします。

SON OF THE CHEESEの『MJK PANTS』

山本海人によって立ち上げられたSON OF THE CHEESE。フォトグラファーやデザイナー、スケーター、モデルをはじめ、様々なジャンルの人々が集まるコミュニティースペースで生まれるインスピレーションをデザインに落とし込んだプロダクトを展開しています。今回は、そんな同ブランドで高い人気を誇る定番パンツ『MJK PANTS』をピックアップ。

基本情報
ブランド:SON OF THE CHEESE
アイテム名:MJK PANTS
素材:ポリエステル63%、綿34%、ポリウレタン3%
サイズ:S、M、L、XL
カラー展開:ブラック、ネイビー、グレー、ベージュ
価格:17,000円 + 税

大人のリラックス感が漂う、大人気ワイドパンツ

SON OF THE CHEESEから継続的にリリースされている『MJK PANTS』。リラックス感の漂うサイジングが特徴的で、ウエストもゴム入りのストレッチ仕様なので穿き心地も抜群。アメリカ・西海岸を彷彿とさせるポップでクリーンなカラーリングもオススメですが、幅広いスタイルにフィットするベーシックカラーのパンツは、いつの時代も重宝します。

■レコメンドポイント

ライトツイルストレッチ素材を採用。艶やかな質感で高級感がありますが、優れた伸縮性も兼備しているので、普段使いはもちろん、アクティブシーンでも活躍必至の仕上がりです。2020年秋冬シーズンではウール素材を用いたパターンも登場予定となっているので、こちらも是非ともチェックしてみてください。

ディテール&シルエットチェック

ゴム入りのウエストがストレスフリーな穿き心地を実現。

フィット感の微調整も可能。

1タック仕様なのでシルエットも立体的。

Lサイズで、ウエスト79〜100cm、股上30cm、股下76cm、ワタリ幅39cm、裾幅21cm。

サイド。

バック。

実際に着用してみた感想

Lサイズを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「どんなスタイルにもすんなりと馴染むのが好印象ですね。ストレッチ性も高いので、長時間穿いても疲れを感じないのも嬉しいポイントかと。価格設定もかなり魅力的」

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト ■■■□□ ヘビー
しなやかでストレスのない穿き心地。

シルエット:スリム ■■■■□ ルーズ
ワイドですが、品のあるルックス。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■□□□ ラグジュアリー
1本あるだけでコーディネートの幅が広がります。

【お問い合わせ先】
SON OF THE CHEESE
東京都渋谷区東1-31-19 マンション並木橋 303号/302号
TEL:03-6427-1986
http://sonofthecheese.com

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。