定番パンツを徹底解剖。『マスタードのパンツ辞典』 #41:NEONSIGNの『SWITCH DENIM』

by Seiya Kato

デニムにチノパン、スラックス。ファッションブランドが毎シーズンのようにリリースする”定番”と呼ばれるパンツたちは、そのブランドを映し出す鏡だ。
1本の定番パンツを実直にリリースし続けるブランドもあれば、定番パンツをベースに異なる素材やシルエットで多彩なバリエーションのパンツを創り出すブランドもある。そう思うと定番パンツというのは案外、シーズンテーマの設けられた最新コレクションよりも雄弁に、ブランドのスタンスや現在地を物語っているのかもしれない。
Masteredの大人気企画『無地T MANIACS』の派生型として誕生した本企画『マスタードのパンツ辞典』では、移りゆくトレンドに左右されることなく、ブランドがリリースし続けている”定番パンツ”を、編集部員が実際に着用しながら、毎回1本ずつ、じっくりと紹介。
第41回では、NEONSIGN(ネオンサイン)の『SWITCH DENIM』をピックアップします。

NEONSIGNの『SWITCH DENIM』

”THE PURSE OF CLOTH ARTS(布芸の追求)”をコンセプトに掲げるNEONSIGN。独自のパターンメイキングから誕生したオーバーサイズアイテムや、レイヤードアイテムが特徴的で、性別を問わず多くのファッションユーザーを魅了しています。今回は、そんな同ブランドのアイコン的存在である『SWITCH DENIM』をピックアップ。

基本情報
ブランド:NEONSIGN
アイテム名:SWITCH DENIM
素材:綿100%
サイズ:44、46
カラー展開:ブラック、インディゴ
価格:23,000円 + 税

アイコニックな”スウィッチ・ディテール”を再現したデニム

前後を逆にするというエッジの効いたデザインが印象的な『SWITCH DENIM』。前後のバランスを均等に仕立てているので、通常のデニムとして着用できることはもちろん、逆で着ていても違和感を感じさせない秀逸な仕上がりとなっています。2つの表情を楽しむことができる、ベーシックながらも主役級の存在感を放つ1本です。

■レコメンドポイント

前身頃の腰回りはミニマルな印象に仕上げつつ、後ろ身頃のウエスト部分にはゴムが使用されているので、ストレスのない穿き心地を実現。同ブランドらしさが溢れるデザイン性はもちろん、日常に寄り添う汎用性の高さも要チェックです。

ディテール&シルエットチェック

ホワイトのステッチがアクセントとして目を引きます。

ブランドネームが記されたパッチもON。

穿き込むほどに味が出る素材感にも注目したいところ。

サイズ46で、ウエスト78〜90cm、股上43cm、股下73cm、裾幅22cm。

サイド。

バック。

前後を逆にして着用するとこんな感じ。

実際に着用してみた感想

サイズ46を着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「前後を逆にしても着用できるという斬新なデザインが印象的ですね。ウエスト部分にはゴムが使用されているので、窮屈感もなく穿き心地も抜群です」

総評:星3★★★☆☆

着心地:ライト ■■■■□ ヘビー
穿き込むほどに柔らかく馴染んでいきます。

シルエット:スリム ■■■■□ ルーズ
やや太めのテーパードシルエット。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■■■□ ラグジュアリー
前後を逆にして着用できるので、飽きがこないのが嬉しいですね。

【お問い合わせ先】
NEONSIGN
TEL:03-6447-0709
http://ne-on-sign.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。