定番パンツを徹底解剖。『マスタードのパンツ辞典』 #28:KAPTAIN SUNSHINEの『Gurkha Trousers』

by Seiya Kato

デニムにチノパン、スラックス。ファッションブランドが毎シーズンのようにリリースする”定番”と呼ばれるパンツたちは、そのブランドを映し出す鏡だ。
1本の定番パンツを実直にリリースし続けるブランドもあれば、定番パンツをベースに異なる素材やシルエットで多彩なバリエーションのパンツを創り出すブランドもある。そう思うと定番パンツというのは案外、シーズンテーマの設けられた最新コレクションよりも雄弁に、ブランドのスタンスや現在地を物語っているのかもしれない。
Masteredの大人気企画『無地T MANIACS』の派生型として誕生した本企画『マスタードのパンツ辞典』では、移りゆくトレンドに左右されることなく、ブランドがリリースし続けている”定番パンツ”を、編集部員が実際に着用しながら、毎回1本ずつ、じっくりと紹介。
第28回では、KAPTAIN SUNSHINE(キャプテン サンシャイン)の『Gurkha Trousers』をピックアップします。

KAPTAIN SUNSHINEの『Gurkha Trousers』

タフで凛々しいデザインと、実用性の高いディテールワークが魅力のKAPTAIN SUNSHINE。往年のアメリカの製品からインスピレーションを受け、選りすぐりの生地とこだわりの縫製を絶妙に融合させたアイテムを展開し、多くのファッションユーザーを魅了し続けています。今回は、他とは一線を画すデザインが印象的な『Gurkha Trousers』をピックアップ。

基本情報
ブランド:KAPTAIN SUNSHINE
アイテム名:Gurkha Trousers
素材:綿100%
サイズ:30、32、34
カラー展開:ブラック、ライトオリーブ、ライトブラウン
価格:32,000円 + 税

ユーロミリタリーから着想を得た、都会に映えるグルカパンツ

イギリス軍が着用するグルカパンツをモディファイした『Gurkha Trousers』は、深いツープリーツとベルテッド仕様のウエストが特徴的。微起毛加工と特殊な洗い加工が施されているので、温もりのある独特な表情に仕上がっています。少しゆったりとした腰回りながら裾に向かって絞り込む美しいテーパードシルエットも注目したいポイント。

■レコメンドポイント

ヴィンテージの雰囲気が漂うこだわりのコットン・バギーサテン・クロスを採用。縦糸にはエジプト選りすぐりの超長綿フィンクスコットンを3本撚りにして膨らみを持たせ、横糸にムラが特徴のジンバブエコットンを高密度に打ち込むことで、独特の風合いに仕上がっています。

ディテール&シルエットチェック

立体的なシルエットの秘密はウエストのツープリーツにあり。

サイドのアジャスターでより高いフィット感が実現。

ヒップポケットはこんな感じ。

32インチで、ウエスト84.5cm、ヒップ120cm、股上31cm、股下74cm、裾幅21.5cm。

サイド。

バック。

実際に着用してみた感想

32インチを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「ミリタリーの雰囲気を残しつつ、街でも穿きやすく変更されたデザインが好印象です。フロントのベルテッドやサイドのアジャスターなど、随所に配されたディティールもアクセントになって良いですね」

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト ■■■■□ ヘビー
安心感のある程よいヘビーさ。

シルエット:スリム ■■■■□ ルーズ
ツープリーツの美しいシルエットが◎。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■■□□ ラグジュアリー
シンプルなワークパンツに飽きてしまった方は迷わずこちらを購入するべし。

【お問い合わせ先】
KAPTAIN SUNSHINE
TEL:03-6277-2193
http://kaptainsunshine.jp

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。