定番パンツを徹底解剖。『マスタードのパンツ辞典』 #43:FRED PERRYの『TAPED TRACK PANTS』

by Seiya Kato

デニムにチノパン、スラックス。ファッションブランドが毎シーズンのようにリリースする”定番”と呼ばれるパンツたちは、そのブランドを映し出す鏡だ。
1本の定番パンツを実直にリリースし続けるブランドもあれば、定番パンツをベースに異なる素材やシルエットで多彩なバリエーションのパンツを創り出すブランドもある。そう思うと定番パンツというのは案外、シーズンテーマの設けられた最新コレクションよりも雄弁に、ブランドのスタンスや現在地を物語っているのかもしれない。
Masteredの大人気企画『無地T MANIACS』の派生型として誕生した本企画『マスタードのパンツ辞典』では、移りゆくトレンドに左右されることなく、ブランドがリリースし続けている”定番パンツ”を、編集部員が実際に着用しながら、毎回1本ずつ、じっくりと紹介。
第43回では、FRED PERRY(フレッドペリー)の『TAPED TRACK PANTS』をピックアップします。

FRED PERRYの『TAPED TRACK PANTS』

テニスの4大国際大会のひとつであるウインブルドン選手権で3連覇という偉業を達成したFrederick John Perry(フレデリック・ジョン・ペリー)が設立したFRED PERRY。イギリスをルーツに持ち、スポーツとサブカルチャーの融合を具現化したアイテムたちを展開し、現在はファッションブランドとしての地位を確立しています。今回は、そんな同ブランドの『TAPED TRACK PANTS』をピックアップ。

基本情報
ブランド:FRED PERRY
アイテム名:TAPED TRACK PANTS
素材:ポリエステル54%、綿46%
サイズ:XS、S、M、L
カラー展開:ブラック、ネイビー
価格:13,000円 + 税

クラシカルなデザインが魅力の定番トラックパンツ

バックボーンへの敬意を表した『TAPED TRACK PANTS』は、スポーツウェアとしてはもちろん、タウンユースとしても高い人気を獲得している1本。美しい発色が特徴的なトリコ素材や、刺繍で表現されたマークなど、どこか懐かしさを感じさせるクラシカルなデザインが好印象です。

■レコメンドポイント

アイコニックなマークを用いたテープをサイドに配置。スポーティな雰囲気ながらも日々のコーディネートに落とし込みやすい、シンプルで上品なデザインが特徴です。セットアップで着用することができる『TAPED TRACK JACKET』も併せてチェック。

ディテール&シルエットチェック

ストレスフリーなウエストゴム仕様。

ピンタックが施されているのでシルエットも◎。

ヒップポケットも嬉しいポイントです。

Mサイズで、ウエスト82cm、股上30.5cm、股下70.5cm、裾幅22.5cm。

サイド。

バック。

実際に着用してみた感想

Mサイズを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「スポーティなアイテムですが、艶のある素材感なので幅広いスタイリングが楽しめそうです。手に取りやすい値段設定もかなり魅力的ですよね」

総評:星3★★★☆☆

着心地:ライト ■■■□□ ヘビー
ストレスを感じさせない穿き心地が◎。

シルエット:スリム ■■□□□ ルーズ
カジュアルな雰囲気になりすぎない美しいシルエット。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■□□□ ラグジュアリー
手に取りやすい価格設定が好印象です。

【お問い合わせ先】
FRED PERRY SHOP TOKYO
東京都渋谷区神宮前5-9-6
TEL:03-5778-4930
http://www.fredperry.jp

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。