定番パンツを徹底解剖。『マスタードのパンツ辞典』 #39:Cootieの『T/W 2 Tuck Easy Pants』

by Seiya Kato

デニムにチノパン、スラックス。ファッションブランドが毎シーズンのようにリリースする”定番”と呼ばれるパンツたちは、そのブランドを映し出す鏡だ。
1本の定番パンツを実直にリリースし続けるブランドもあれば、定番パンツをベースに異なる素材やシルエットで多彩なバリエーションのパンツを創り出すブランドもある。そう思うと定番パンツというのは案外、シーズンテーマの設けられた最新コレクションよりも雄弁に、ブランドのスタンスや現在地を物語っているのかもしれない。
Masteredの大人気企画『無地T MANIACS』の派生型として誕生した本企画『マスタードのパンツ辞典』では、移りゆくトレンドに左右されることなく、ブランドがリリースし続けている”定番パンツ”を、編集部員が実際に着用しながら、毎回1本ずつ、じっくりと紹介。
第39回では、Cootie(クーティー)の『T/W 2 Tuck Easy Pants』をピックアップします。

Cootieの『T/W 2 Tuck Easy Pants』

黒色を主軸とした”Achromatic=無彩色”でアメリカンカジュアルをモダナイズしているCootie。サウスウエストのサブカルチャーからのインスパイアは大きく、毎シーズン独自のフィルターでアップデートを繰り返しています。今回は、そんな同ブランドが継続的にリリースする『T/W 2 Tuck Easy Pants』をピックアップ。

基本情報
ブランド:Cootie Productions®
アイテム名:T/W 2 Tuck Easy Pants
素材:ポリエステル65%、ウール35%
サイズ:S、M、L、XL
カラー展開:ブラック、レッド
価格:19,000円 + 税

ワイドなのに品がある9分丈イージーパンツ

高級感のある光沢とドレープ感が特徴的な『T/W 2 Tuck Easy Pants』。ワイドなシルエットとやや短めに設定された9分丈のレングスで、ミニマルなデザインながらも存在感のある仕上がりに。また、ウエストはゴムとドローコードを採用したイージーパンツ仕様になっているため、穿き心地も抜群です。

■レコメンドポイント

ポリエステルとウールの混紡したウォッシャブル素材を採用しているので、自宅での洗濯が可能。また、同素材を用いた『T/W Board Shirt』も展開されているので、セットアップで着用しても◎。

ディテール&シルエットチェック

ゴムとドローコードを用いたストレスフリーな穿き心地。

立体感のあるシルエットを実現する2タック仕様。

裾に向かって緩やかにテーパードしています。

Lサイズで、ウエスト86cm、股上35.5cm、股下60cm、ワタリ42.5cm、裾幅25cm。

サイド。

バック。

レッドの色味はこんな感じ。

実際に着用してみた感想

Lサイズを着用した編集K(身長:183cm、体重:65kg)

「ワイドなシルエットですが、クリーンな印象で穿けるのが魅力的ですね。お気に入りのソックスやシューズをさらに引き立ててくれる9分丈のレングスもポイントかと」

総評:星4★★★★☆

着心地:ライト ■■■□□ ヘビー
しなやかな素材感なので穿き心地も抜群。

シルエット:スリム ■■■■□ ルーズ
ヒップや腿周りにもゆとりを持たせたワイドなシルエットが印象的。

コストパフォーマンス:お値打ち ■■■□□ ラグジュアリー
幅広いスタイリングにすんなりと馴染むデザインが◎。

【お問い合わせ先】
Cootie Flagship Store
渋谷区神南1-3-10 神南アール1A
TEL:03-6809-0090
http://www.cootie-jp.com/

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。