編集部員の自腹買いアイテムを一挙公開!
2013年春夏着倒れ総括~給料は洋服屋さんに倍返しだ!!~

by Mastered編集部

1 / 8
ページ

banner1『半沢直樹』も無事最終回、楽天は優勝となんだか2013年ももう終わったような気分になってきますが、秋の訪れと共にやって参りました大人気企画”着倒れ総括”。重ね重ねの説明にはなりますが、Masteredの前身であるファッションサイトCLUSTER時代に誕生した本企画は、日夜様々な洋服を見続けている編集部員達が金に糸目を付けず物欲のままに購入した自腹“お買い物”の数々を、昔ながらの座談会形式で振り返り、その編集作業を通して自責の念に苛まれる、という反省系企画であります。
今回反省をするメンバーは編集micky、編集K、そして、雑誌EYESCREAM編集部より期待のホープNくんが初参戦。それでは早速ですが、クローゼットもパンパン、クレジットカードもパンパンの状態で、文字通り“着倒れ”そうになりながらも洋服を愛した男達の生き様、とくとご覧くださいませ!

■以前の着倒れ総括はこちらから

<TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.(タカヒロミヤシタザソロイスト.)のre-sized chesterfield coat.>

72012

編集micky(以下 micky)アイテム紹介でも取り上げましたが、これは本当に芸術品クラス。ビッグサイズの服をつまんで小さくしてるんですが、とにかく細かいところまで美しいの一言です。それに一目見て、「宮下さんの服だ」って分かるんですよね。これに関しては「それどこの?」じゃなく、「それソロイスト?」って聞かれるのがほとんどでした。そういう存在感のある服を作れる人って、今の時代そう多くは無いんじゃないかと思います。

編集K(以下 K):「それソロイスト?」って聞かれるって、やっぱ凄いわ。

編集N(以下 N):袖口の裏地も切りっぱなしで、ここだけでも確かに「宮下さんの服だ」って思うかも。

<PALACE Skateboards(パレス スケートボード)のジャケット>

IMG_0533

N:ロンドン出張の際にSlam City Skatesで購入しました。雑に着るくらいでいいのかも。しっかりMADE IN ENGLANDなのもポイント高いです。

micky:DSMじゃなくて、ひとまずSlam City Skatesに行くってのがNくんっぽくてクールだと思う。

K:ロンドン、行きたいなぁ。

micky:来年はMasteredも海外出張を目標にしましょう。

<kolor/BEACON(カラー ビーコン)のジャケット>

IMG_0535

N:サンプルで買ったんですけど、異素材の組み合わせがこうも抜群なバランスを保っているのはkolorならではじゃないですかね。もちろん秋でも着ます。

micky:ベーコンと卵の組み合わせは無敵だもんね。

K:買ったもの並べてみると、Nくんのcolorの好みが分かりますよね! ん?

N:いつもウェブで見ていた悪ノリは、こうやって生まれていくんですね。

<nonnative(ノンネイティブ)のジャケット>

IMG_0527

N:ベルリンの空をイメージしたカラーリングがテーマだけど、もちろん日本でもばっちり着れます。袖を折り返すと見えるタータンチェックが可愛いですね。

micky:ベルリンってたしかに曇ってるイメージ。なんでだろうね。暗い、明るいで言えば確実に暗いイメージ。

K:ベルリンも行きたいなぁ。

micky:早くもKさんのコメントが投げやりなことに、一抹の不安を覚えているのは僕だけですか?

次のページに続きます。