『すべらない古着』 ハワイアンシャツ編 その2

by Mastered編集部

EYESCREAM.JPが「日本で一番格好良く古着を着こなすショップ」として絶大な信頼を置くLABORATORY/BERBERJIN®と共に送る連載『すべらない古着』。「あの人、古着にやたらと詳しいけど、格好はダサいよね」なんて間違っても言われることが無いような、今の気分にぴたりとハマる古着とその着こなしを基礎知識とあわせて紹介していくことを目的に、毎月、お題を1つ設定。テーマに沿ったクールな古着を全4週に渡って掲載していきます。

suberanai14_1000x750
EYESCREAM.JPが「日本で一番格好良く古着を着こなすショップ」として絶大な信頼を置くLABORATORY/BERBERJIN®と共に送る連載『すべらない古着』。「あの人、古着にやたらと詳しいけど、格好はダサいよね」なんて間違っても言われることが無いような、今の気分にぴたりとハマる古着とその着こなしを基礎知識とあわせて紹介していくことを目的に、毎月、お題を1つ設定。テーマに沿ったクールな古着を全4週に渡って掲載していきます。

今月のテーマは「ハワイアンシャツ」。ガイド役は今週ももちろんこの人。LABORATORY/BERBERJIN®のブログでもおなじみ、MTBこと的場さんです!

■『すべらない古着』 ハワイアンシャツ編 その2

○○円 + 税

59,800円 + 税(FAKEα)

ハワイアンシャツ編 第2回目となる今回は、植物柄のハワイアンシャツをご紹介。まずはモデルカットに使用した竹モチーフの1枚ですが、こちらはヴィンテージのハワイアンシャツの定番である「抜染」がポイント。

1940~50年代のハワイアンシャツに多く見られる手法で、こちらも例に漏れず、50’sのアイテムです。

左:39,800円、右:35,800円(ともに税抜価格)

左:39,800円 + 税、右:35,800円 + 税(ともにFAKEα)

同じく50’sから紹介しておきたいのが、伝説のハワイアンテキスタイルデザイナー、ジョン・メイグスが手がけたアイテム。言わずと知れた画家、ポール・ゴーギャンの絵を用いたハワイアンシャツが1950年代に登場しているのですが、そのデザインを手がけたことで広く知られる人物です。

左は定番柄のレイ&ハイビスカス、右はバード・オブ・パラダイス(極楽鳥花)というハワイの植物をモチーフとした柄になっています。ジョン・メイグスの手がけたハワイアンシャツは、明るい色のモノが多く、ディスプレイした時に映える、鮮やかな色合いが特徴的。

年に1、2回入荷すればラッキーと言える希少性の高いアイテムなので、少し値は張りますが、ハワイアン好きならば1枚は所持しておきたいところです。

今週のモデルはまっつぅーこと村松さん。50'sのハワイアンシャツ ○○円 、サイプレス・ヒルのヴィンテージTシャツ 25,800円、adidasのジャージパンツ 5,800円(すべて税抜価格)、ほか本人私物

今週のモデルはまっつぅーこと松村さん。
50’sのハワイアンシャツ 59,800円 、サイプレス・ヒルのヴィンテージTシャツ 25,800円、adidasのジャージパンツ 5,800円(すべて税抜価格)、ほか本人私物

コーディネート的には、なるべくハワイっぽさを消していくのが東京というか都会的なスタイルかなと。今回はサイプレス・ヒルのヴィンテージTシャツに[adidas]のジャージを合わせて、ヒップホップ的な要素をプラスしてみました。

_WTF6703

まぁ、今流行りの”ゲットダウン”

的な。

それではまた来週!

POSTED BY

的場良平

MTBの愛称で親しまれているLABORATORY/BERBERJIN®のGM(ゼネラルマネージャー)。豊富な古着の知識と爽やかな笑顔で業界内でも厚い信頼を寄せられているイカしたお兄さん。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。