「髪」に関する悩みをスパッと解決! 行列のできる髪型相談所 第25回

by Mastered編集部

毎回様々な「髪」に悩みを抱える、迷える子羊たちがヘアスタイリスト、フジイくんの元を訪れ、その悩みをスパッと解決してもらう『行列のできる髪型相談所』。

毎回様々な「髪」に悩みを抱える、迷える子羊たちがヘアスタイリスト、フジイくんの元を訪れ、その悩みをスパッと解決してもらう『行列のできる髪型相談所』。

今回の悩める子羊:水村里奈ちゃん(ダンサー)

■お悩み内容:「ふんわりハイライトを入れてみたい。」

前回の髪型相談もスパッと解決したところで、続いてやって来たのは読者モデルとして活躍しながら、ダンサーとしても活動を続ける水村里奈ちゃん。

ビフォーフロント

最近暗めのカラーをしてみたものの、全体的に重い印象になってしまったので、ふんわりハイライト(ホイルを使用して部分的に明るくする事)を入れてみたいとのこと。

ビフォーサイド

まずは恒例の髪型チェックからスタート。

髪の長さは前上がりのワンレングススタイル。前髪は伸ばし途中という事で、頬にあたる位置まできている状態だ。ダンスをするので、髪が結べる長さが必要なのだそう。

ビフォーバック

ワンレンボブに、暗めのカラーが相まって、本人も言うように、全体的に重たい印象が先行しているように見てとれる。

という事でそんな里奈ちゃんに向け、今回、私フジイカズキ提案した髪型はコチラ。

アフター1

題して、”春一番! ハイライトはじめましてみませんか?”。

今回はオーバーセクションにハイライトをオン。表面にハイライトを入れるだけでも充分印象を変える事が出来るのだ。表面の部分(ハチ上)に細かくチップ(髪の毛をすくう部分)を取り、スジ状にハイライトが入るように。

また、ブリーチを含む脱染材は髪のダメージにもなりうるので、必要な部分にのみ使用した。

アフターサイド

ハイライトを入れた部分の上から更に、今話題のカラー剤『アディクシー』のグレーパール7トーンをオン。これにより、くすんだグレーベージュが可愛いふんわりボブが出来上がる。

アイロンを使って、ラフにカールをつければ、さらに◎。

ハイライトを入れた部分と、入れていない部分の陰影がつき、透明感のある柔らかな質感になりやすくなるぞ。

アフターバック

てな訳で、今回のお悩みも難なく解決! 次回もお楽しみに!!

POSTED BY

フジイカズキ

AKAMEE所属の美容師。ヘアスタイリストとして活動しながら、外部でヘアメイクやアドバイザーもする。ストリートカルチャーに精通。また自身でストリートスナップも発信している。趣味は民族楽器。昭和生まれのニューエイジ系美容師。

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。