あなたの街の「良いお店」 #03:Plant&Soil(沖縄県那覇市)

by Mastered編集部

「良いお店」ってのは、案外、世の中にたくさんある。とにかく情報が早いお店、品揃えが自分好みなお店、素敵なマスターがいるお店、居心地が良いお店、長い時間を共に過ごしてきたお店、なんだか分からないけどずっと居たくなるお店。 本企画『あなたの街の「良いお店」』では、毎回EYESCREAM.JPがレコメンドする「良いお店」を1つずつ取り上げ、店主への簡単なインタビューと共にご紹介。

good-shop-in-your-city-03
「良いお店」ってのは、案外、世の中にたくさんある。とにかく情報が早いお店、品揃えが自分好みなお店、素敵なマスターがいるお店、居心地が良いお店、長い時間を共に過ごしてきたお店、なんだか分からないけどずっと居たくなるお店。

本企画『あなたの街の「良いお店」』では、毎回EYESCREAM.JPがレコメンドする「良いお店」を1つずつ取り上げ、店主への簡単なインタビューと共にご紹介。

第3回目となる今回は、独自の文化を誇る琉球の地、沖縄県那覇市にショップを構えるPlant&Soil。西表島出身でPlant&Soilのプロデューサーである新城暖は、東京から見た沖縄という自身の経験を踏まえ、沖縄ならではのカルチャーを取り入れつつ、常に”新しい沖縄カルチャー”を発信し続けている。観光地としてだけでなく、地元にも深く根付いている同店の幅広いコミュニティにも注目。

#03:Plant&Soil(沖縄県那覇市)

DSC_1438

DSC_1445

— 沖縄にお店をオープンさせた経緯を教えてください。

ショップをオープンしたのは2014年。場所は那覇の安里という街で、メインストリートの国際通りからもほど近いところです。僕自身は西表島で生まれ、大学進学を機に10年余り東京で暮らしたのですが、よくあるパターンで都会の暮らしに身を置くと、かえって故郷の良さを改めて実感しちゃって・・・。
沖縄は気候性もあり、なかなかファッションカルチャーが根付きにくい傾向があります。ただ、一方で沖縄は歴史的に見ても、多様な文化が混在した島です。それに加え、都心を離れたローカルだからこそ、独自に発展した暮らしや文化があります。沖縄に住む人は、案外その凄さを過小評価、もしくは気にも留めていない人が多い気がして、単純に勿体ないなぁ、と。ローカルで生まれた僕らだからこそ、改めてそういった地元の暮らしを見つめ直しながら、それに沿ったカタチでファッションを取り入れられたら、きっと面白い!そんなことを考えながら、高校の同級生だったShimonと敢えて東京ではなく、地元沖縄にショップを構えました。

DSC_1432

— ショップ名の由来、ショップのコンセプトを教えてください。

Plant&Soilは沖縄に洗練されたライフスタイルのPlant(苗)とSoil(土壌、基盤)を築くことを目標にしています。Plant&Soilの設立から1年が経ち、すぐ隣にII3 uno dos tresというショップとBAR TRECEがオープンしたことをきっかけに、今はこの3店舗で共働していて、僕らのショップが安里の蔡温橋(さいおんばし)のたもとにあることから、ショップ前の通りを蔡温ストリートと銘打って活動しています。
蔡温ストリート(SAYON STREET)には、”SAY ON = 言い続ける、発信する”という意味がこめられています。沖縄という小さな島の・・・小さな小さなストリートではありますが、”世界に対して沖縄の新しいカルチャーを発信して行く”。これが、Plant&Soilそして、蔡温ストリートの大きな目標です。

— ショップではどういったブランドを取り扱っていますか?

基本的にはいわゆるハイストリートというジャンルのブランドを多く取り扱っています。[UNUSED(アンユーズド)]や[bukht(ブフト)]、[KIIT(キート)]、[HUMIS(ヒューミス)]、[Leh(レー)]など、オーバーサイズでバランスの取れたシルエット、それに加え、シルクやプレミアムコットン等、服に袖を通した時に、素材の良さが際立つようなアイテムを意識してセレクトしています。
雑貨は[APOTHIA(アポーシア)]等の海外のフレグランスブランドや、琉球ガラスなどのテーブルウェア、純沖縄県産の名護コーヒーなど、沖縄MADEのアイテムも展開しています。こういった沖縄のアイテムは観光客の皆さん向けのお土産品というよりも、地元の皆さんが改めて沖縄の伝統工芸や食に対して、その良さを実感してもらえるようにセレクトしました。

ほかにも、沖縄でフォーマルウェアとされているかりゆしシャツをオマージュしたオリジナルの[HAORI SHIRT]は京都の着物メーカー、ひなみさんと共同し、1950年代の羽織生地を使用し製作しています。実際、こういった沖縄の伝統工芸や昔ながらの文化に重きを置いたプロダクトは地元のお客さんのほうが反応が良く、ギフトアイテムとしてご好評頂いています。

おすすめのブランドとしては、今年立ち上げたばかりのPlant&Soilオリジナルのレザーブランド[PONDS(ポンズ)]。これまで、サスペンダーやコインケース、巾着バッグを展開しましたが、おかげ様で現在は県内のみならず、東京をはじめ、海外からもオーダーを頂いています。7月にはレザーウェアを販売予定ですので、そちらもぜひご注目頂ければ嬉しいです。

PONDSサスペンダー

オリジナルコーヒー

— Plant&Soilならではのセールスポイントはどんなところですか?

「何屋さんか分からない」。そんなことをお客様にもよく言われます(苦笑)。Plant&Soilは、お客様のライフスタイル全般に刺さるご提案を心がけています。販売アイテムもウェアだけでなく、グラノーラやコーヒー、香水にシューズ、器、バッグ、アクセサリー等々・・・幅広いジャンルから自分のとっておきのアイテムを見つけてもらえたら、と。また、ショップオープン当初から、店内にカフェスタンドを設けて、ゆっくりお客様がくつろげる空間作りを目指してきました。それが高じて、ショップ前で6mの竹をカットして持ち込み、流し素麺大会を行ったり、地元の農家や酒造メーカーと組んだBBQイベント開催したり・・・。そういった地元密着型のイベントを行うことで、最近は老若男女問わず幅広い層のお客様がショップに遊びに来てくれるようになりました。

2015年からは県外のアーティストをショップにお呼びし、『POTUP(苗植え)』というイベントも開催しております。過去にはパティシエアーティストのAI OKADAさん、イラストレーターのtobirdさん、デザイナーの宮城秀貴さん(mythograpy)やジュンヘイガンさん等にご参加頂きました。『POTUP』ではアートギャラリーやその場でゲリラ的にTシャツを作ってみたり・・・毎回主催側の僕らが一番楽しんでいるんですけれど(笑)。

DSC_1435

DSC_1440

— 「ウチの店へ来たら、近所でこれを食え」的な飲食店やお土産など、オススメがあれば教えてください。

ショップ近くのシーフードクラブレストランEL FAROによく行きます。まだ出来たばかりのレストランですが、インダストリーな空間にテラス席も併設されていて、おまけに屋上に近い場所にあるので、レストランから那覇の夜景が見下ろせるのも乙です。毎度、幅広い新鮮なシーフード料理が食べられるので仲間でワイワイするも良し。もちろんデートでも間違いなく喜ばれるお店です!ぜひ一度行ってみて欲しいですね。

— その他にも近隣でのおすすめのスポットがあれば教えてください。

冒頭でも少し触れましたが、Plant&Soilに隣接するII3uno dos tresとBAR TRECEは間違いなく寄らなきゃ損です!II3uno dos tresは北欧やポートランド等のアウトドアブランドや、ロンドンのスケートブランド等、アクティブなインポートブランドと[NITEKLUB(ナイトクラブ)]や[MR.OLIVE(ミスターオリーブ)]といった気鋭のドメスティックブランドを取り揃えています。お昼にはカフェ営業もやっているので、ぜひ、美味しい沖縄シフォンとハイビスカスティーを味わって頂きたいですね。
BAR TRECEは夕方17時から朝5時までやっているのでユーザビリティが高く、なかでも、SAYON DOGというホットドッグは食べ応え◎!僕らもショップを終えて、チョロっと寄るつもりが気づけば朝まで!ということがよくあります。川沿いにあるお店なので、夏場は特に気持ち良く、ついつい時間を忘れて朝まで呑んでしまいます。

— 今後の展望等があれば教えてください。

直近ですと、7月9日(土)にPlant&Soilの設立2周年と蔡温ストリート結成1周年を記念した『SAYON CARNIVAL』というイベントを開催します。今回のイベントの為に東京原宿からヘアカット、ファッションを世界へ発信するビンテージスタイルBARBERチーム「MR.BROTHERS CUT CLUB」にもご参加頂くことが決定しました。加えて、その日限定のアニバーサリーアイテムも多数ご用意していますので、ぜひ多くの皆さんに遊びに来て頂きたいと思っています。

今後もPlant&Soilオリジナルレザーブランド[PONDS]や、ショップ企画イベント『POTUP』も含め、蔡温ストリートを軸として、精力的に地元の食や伝統工芸に焦点を当てたイベントを開催予定です。引き続き、僕らなりの解釈で沖縄のカルチャーをここから発信(SAY ON)して行きたいと考えています。

ディレクター Shimon Shirt[HAORI SHIRT]  27,000円 + 税 Hat[MAISON Birth]  11,000円 + 税 Pants[UNUSED]  25,000円 + 税 Shoes[UNUSED]  49,800円 + 税

ディレクター Shimon
Shirt[HAORI SHIRT] 27,000円 + 税
Hat[MAISON Birth] 11,000円 + 税
Pants[UNUSED] 25,000円 + 税
Shoes[UNUSED] 49,800円 + 税

「Mastered」は、
2017年5月までEYESCREAM.JPだったサイトが生まれ変わった、
新しいファッション&カルチャーメディアです。